品質重視!土浦市周辺で選ぶ屋根・外壁塗装の業者ガイド

技術力・保証・対応力で比べる屋根・外壁塗装業者の紹介サイト

技術力・保証・対応力で比べる屋根・外壁塗装業者の紹介サイト

TOP » 知っておきたい外壁・屋根塗装工事に関する基礎知識 » 外壁・屋根塗装の耐用年数

外壁・屋根塗装の耐用年数

塗料をはじめ、住宅の外回りに関する耐用年数を調査しました。塗り替えのタイミングといったメンテナンス時期を把握して住宅を長持ちさせましょう。

塗料の耐用年数

劣化した壁

種類が豊富にある外壁や屋根に施す塗装。それぞれ耐久度が違ってくるため、塗り替えの時期が変わってきます。使用されている塗装の耐用年数を知り、塗り替えのタイミングを把握しましょう。

外壁の塗装は下記のように塗料ごとに耐用年数と特徴が異なります。どれだけ長持ちするかも大切ですが、コストパフォーマンスや特徴も考慮しましょう。自分に住宅の外壁に合った塗料を選ぶことで、理想的な居住環境を構築できますよ。

アクリル塗装 耐用年数:4~7年
特徴:コストパフォーマンスが高いが、耐用年数は短いのが難点。現在ではあまり使われてない。
ウレタン塗装 耐用年数:6~10年
特徴:コストパフォーマンスが高く、耐用年数も比較的高い。汚れや色あせに強いという特性も。シリコン塗料が登場するまでは主流だった。
シリコン塗料 耐用年数:8~15年
特徴:耐用年数が長く、コストも低いため人気を博している。現在では、住宅の外壁や屋根の塗料でもっとも多く採用されているのが特徴。
ラジカル塗装 耐用年数:8~15年
特徴:2015年に登場した新型塗料。汚れに強く、耐用年数も長いという特徴がある。コストパフォーマンスも高い。
光触媒塗装 耐用年数:10~15年
特徴:雨や太陽光を利用して、外壁に付着した汚れを落とす機能が備わっている。耐用年数が高く、メンテナンス性に優れるが、コストがかかるのがネック。
ピュアアクリル塗装 耐用年数:12~15年
特徴:防水性に優れた塗料。耐久度もトップクラスを誇っている。単価が高いため、塗装面積が広いとそれなりの費用が必要。乾燥しにくい性質を持つため、冬場は施工期間が長くなる可能性がある。
フッ素塗装 耐用年数:15~20年
特徴:高耐久性を誇る塗料。主に商業施設やビルなどの大きな建築物に使用されることが多い。光沢感があり、防汚性が高いという特徴がある。最近では一般的に使われている。導入コストが高い。
遮熱塗装 耐用年数:15~20年
特徴:熱を反射する特殊な塗料。外からの熱を遮断するため室内が快適に保たれる。耐用年数がトップクラス。省エネやエコに配慮しているため、自治体によっては補助が受けられることもある。

防水施工の耐用年数

防水塗装の劣化

外壁や屋根の塗装と同様に大切なのが防水工事です。屋根や屋上、バルコニーなどに施工する必要があります。雨漏りを防ぐ大切な工事で、定期的なメンテナンスが欠かせません。施工時の工法によって耐用年数が変わってきます。住宅を長持ちさせたいなら、塗装と同じように耐用年数を把握しましょう。

ウレタン防水 耐用年数:10~12年
シート防水 耐用年数:10~12年
FRP防水 耐用年数:7~10年
アスファルト防水 耐用年数:15~20年

外壁材の耐用年数とメンテナンス周期

外壁材の劣化

外壁材には耐用年数とメンテナンス周期があります。どれだけ塗装のメンテナンスを行なっていても、外壁材が劣化していると意味がありません。塗装を長持ちさせるためにも、劣化の度合いに合わせて外壁材のメンテナンスと再塗装を実施することをおすすめします。

タイル 耐用年数:40年
メンテナンス周期:不要
窯業系サイディングボード 耐用年数:40年
メンテナンス周期:7~8年
金属系サイディングボード 耐用年数:40年
メンテナンス周期:10~15年
木質系サイディングボード 耐用年数:40年
メンテナンス周期:8~12年
樹脂系サイディングボード 耐用年数:40年
メンテナンス周期:10~20年
モルタル壁 耐用年数:30年
メンテナンス周期:8~10年
ALCボード 耐用年数:60年
メンテナンス周期:10~15年
コンクリート壁 耐用年数:100年
メンテナンス周期:15~20年

屋根材の耐用年数

屋根材の劣化

紫外線や雨風の影響を受けやすい屋根は、外壁材と比べて耐用年数が短くなります。長持ちさせるためには、塗装を塗り替えたり防水加工を施したりする工夫が必要です。

トタン屋根 耐用年数:10~15年
スレート屋根 耐用年数:15~20年
瓦屋根 耐用年数:40~60年
ガルバリウム鋼板 耐用年数:20~30年
アスファルトシングル 耐用年数:20~30年

シーリング(コーキング)の耐用年数

外壁のコーキング材劣化

外壁材や屋根材の隙間を埋めるために欠かせないシーリング材(コーキング)。外壁が受けるダメージを軽減してくれるクッション材にもなってくれます。

耐用年数は5~10年といわれていますが、劣化が激しければ4年程度でひび割れや剥離(はくり)などが起こるため補修を行なわなければなりません。基本的に、塗装をし直す際に一緒に施工することをおすすめします。

土浦市とその周辺でおすすめの塗装業者3選はこちら≫

土浦市周辺エリア
おすすめ塗装業者3選

【第1位】
奥広

【第2位】
霞美装

【第3位】
暖喜