品質重視!土浦市周辺で選ぶ屋根・外壁塗装の業者ガイド

技術力・保証・対応力で比べる屋根・外壁塗装業者の紹介サイト

技術力・保証・対応力で比べる屋根・外壁塗装業者の紹介サイト

TOP » 知っておきたい外壁・屋根塗装工事に関する基礎知識 » 外壁・屋根の塗り替えタイミング

外壁・屋根の塗り替えタイミング

外壁や屋根の塗装について調べました。寿命や塗り替え時期などをまとめているので、ぜひ参考にしてください。

塗装の寿命について

外壁の亀裂

外壁や屋根の塗装は、約10年で寿命を迎えるといわれています。塗料の種類にもよりますが、一般的に使われているアクリル系塗料であれば4~7年。高品質で劣化に強いラジカル系塗料なら8~15年です。紫外線や雨風などの外的要因の影響で塗膜は劣化してしまいます。

住宅の平均寿命は30年といわれているので、少なくとも2~3回は塗り替えが必要になるでしょう。メンテナンスを怠ってしまうと、塗装が劣化して外壁にひび割れが起き、水分が建物内部に侵入します。そうなると、鉄筋や断熱材を劣化させる原因になり、住宅の寿命を縮めてしまうことに。塗装種類を把握して、寿命を知ることで適切な塗り替え時期を知ることができます。

塗装を塗り替えるタイミング

外壁の塗装

最初の塗り替えは築10年が目安です。塗装の平均な寿命は10~15年といわれていますが、10年前後で劣化の症状が出てくることがほとんど。住宅を長持ちさせるためには、10年以内に塗り替えるのが最適だといえます。

また外壁の方角でも劣化の進行具合が変わってくるので注意してください。たとえば、紫外線を浴びる時間が長い南側と、紫外線を浴びる時間が短い北側の外壁では劣化の進行に違いが出ます。

屋根は常に紫外線を浴びるため、より早く劣化が進むと考えられるでしょう。とはいえ、周囲の環境によって塗装の劣化具合は変化するため、外壁や屋根の塗装は8年ごとにチェックするのをおすすめします。

塗膜の劣化を見分ける6つのチェックポイント

塗膜のチョーキング

塗り替えのタイミングを分けるためには、塗膜の劣化具合を確かめなければなりません。塗膜の劣化順序を載せるので、チェックの参考にしてみてください。

下記に当てはまる項目があれば、塗装を見直す必要があるかもしれません。ただし、これらはあくまで目安です。塗り替えを決める前に塗装業者に診断を依頼しましょう。塗り替えが本当に必要かは、プロの目から見てもらうこと大切です。

塗膜劣化のチェックポイント
  1. ツヤがなくなる
    塗装して間もない外壁は光沢がありツヤツヤしていますが、年数が経過するにつれ光沢が失われてしまいます。
  2. 塗装の色が変色する
    外壁の色彩が変色して、くすんだようになります。部分的にムラができるため、目視で確認してみましょう。
  3. 外壁を触ると白い粉が付着する
    塗装の表面にある「塗膜」が劣化している証拠です。こうなると、水をはじかなくなるため防水性が低下。チョークのような色がつくことから「チョーキング現象」とも呼ばれます。
  4. コケや藻が発生する
    塗膜が劣化し防水性が失われると、外壁が水分を含みやすくなります。そこへコケや藻の胞子が侵入し増殖。目に見えない塗装表面のひび割れを伝って拡大していきます。
  5. 塗装が膨れたり剥がれたりする
    劣化によって塗装の付着力が低下し、部分的に膨らんだり剥がれたりしてきます。こうなると外壁を保護する機能はゼロといっても過言ではありません。
  6. 外壁にひび割れが発生
    窓の四隅や外壁の角に発生しやすい傾向があります。クラッキングとも呼ばれる現象です。ひび割れから水分が外壁内に侵入し、鉄筋や断熱材を腐食させ住宅の寿命を縮めます。

土浦市とその周辺でおすすめの塗装業者3選はこちら≫

土浦市周辺エリア
おすすめ塗装業者3選

【第1位】
奥広

【第2位】
霞美装

【第3位】
暖喜