品質重視!土浦市周辺で選ぶ屋根・外壁塗装の業者ガイド

技術力・保証・対応力で比べる屋根・外壁塗装業者の紹介サイト

技術力・保証・対応力で比べる屋根・外壁塗装業者の紹介サイト

TOP » 知っておきたい外壁・屋根塗装工事に関する基礎知識 » 雨漏り対策に有効な防水塗装・防水工事について

雨漏り対策に有効な防水塗装・防水工事について

ここでは、防水塗料と防水工事の違いについて説明しています。どちらも「塗る」作業なので同じものだと思いがちですが、実は施工法や道具が異なるもの。どちらも住宅を守るために必要不可欠なので、その違いを知って住宅に必要な施工を行ないましょう。

防水処理の必要性とは

防水処理の必要性

建物の劣化や雨漏りを防ぐためには防水処理が必ず必要になります。建物は紫外線や雨風といった外的要因に常に晒されているため、年月が経つにつれて劣化していくもの。細かなメンテナンスを行なうことで、長持ちさせることが可能ですが、定期的に再処理する必要があります。また防水処理とひと口に言っても、防水塗装や防水工事に分けられるのです。どちらも住宅を守るために必要な処理ですが、内容が異なります。それぞれの違いについてまとめたので、チェックしてみてください。

防水塗装と防水工事の違い

防水塗料と防水工事の違い

そもそも防水塗装と防水工事では施工する際の技術や道具が違います。塗装業者は「塗装」を専門に扱っているため、外壁や屋根をきれいに塗り直す技術に長けています。

たしかに塗装には防水効果もありますが、完全な防水になりません。防水業者は「防水」に関する専門知識に基づいた施工を行ないます。

住宅の傷み具合や劣化の状況に合わせて施工を提案してくれるでしょう。どちらも大切な処理なので、家を長持ちさせたいなら、どちらも取り扱っている専門の業者に依頼する必要があります。

防水塗装とは

紫外線や雨風によって劣化した塗装を塗り替えるのが防水塗装です。住宅の美観を保つのはもちろん、外壁や屋根を外的要因から守ります。

完全に水の侵入を断つことはできませんが、塗料が乾燥してできる塗膜のおかげで水が入り込むのを防ぐことが可能。塗膜の表面は硬くて撥水効果があるので、水分をはじいてくれます。塗料メーカーが日本の天候に合わせて塗料を作っており、防水効果の高い塗装が誕生しています。

防水工事とは

住宅に侵入する水を徹底的に防ぐことを目的としているのが防水工事です。防水材料で防水層を形成することで、建物への水の侵入を防ぎます。主流の防水工法は主に3種類。住宅環境によって適切な工法を選択しましょう。

塗膜防水 材料:ウレタン樹脂、アクリル樹脂など 特徴:液状の防水材料を重ね塗りすることで防水層を形成。複雑な形状の住宅に向いている工法。
シート防水 材料:ゴムシート 特徴:シート状の防水材を並べて貼る工法。複雑でない住宅の施工に向いている。
複合防水 材料:液状やシート状のアスファルト 特徴:シート状のアスファルトを並べて貼り、その上に溶かしたアスファルトを塗って防水層を形成。丈夫で長持ちするのが特徴だが、熟練の技術力を要する。

土浦市とその周辺でおすすめの塗装業者3選はこちら≫

土浦市周辺エリア
おすすめ塗装業者3選

【第1位】
奥広

【第2位】
霞美装

【第3位】
暖喜